岐阜のドリル・エンドミル切削工具再研磨   

岐阜のドリル・エンドミル切削工具再研磨

ツールリメイクでは、全国各地で切削工具再研磨の集配サービスを行っています。
このページでは岐阜県の再研磨集配地区についてご説明致します。

岐阜県のドリル・エンドミル再研磨集配地域

 

岐阜市、大垣市、多治見市、関市、美濃市、瑞浪市、羽島市、美濃加茂市、土岐市、各務原市、可児市、山県市、瑞穂市、本巣市、郡上市、海津市、岐南町、笠松町、養老町、垂井町、関ケ原町、御嵩町、町、神戸町、輪之内町、安八町、揖斐川町、大野町、池田町、北方町、坂祝町、富加町、川辺町、七宗町、八百津町

※順次ルートを増やしておりますので上記以外のご住所でもお伺い致します。

岐阜県で再研磨のご注文が多い切削工具ランキング

 ハイスドリル

 超硬エンドミル

 超硬ドリル

リサーチ:岐阜県にてツールリメイクサービスをご利用のお客様の切削工具再研磨本数から算出

岐阜県の切削工具・再研磨の特徴

岐阜県は昔から森林と水資現に恵まれ、木材や良質な土壌や水が手に入ったため、家具や刃物など職人の技術と日本を象徴する伝統工芸が今でも営まれています。

そのようにして育まれたモノづくりの心と技術を根底に置き、近代工業の分野でも大きく発展し、ドリルやエンドミルなどの切削工具を使用する自動車、工作機械、金型など様々な製造業が集まっています。

ツールリメイクの再研磨をご利用になられているお客様も上記のように長年、岐阜の地で愛されている会社様ばかりです。

日本では製造業(ドリルやエンドミルなど切削工具を使用されない製造業も含む)事業所は全体の8.8%と言われていますが、岐阜県では全事業所のうち約 14%を製造業が占め、全国で一番製造業の割合が高い県となっています。

そのため、全ての産業の中で製造業で働く人が占める割合は 実に4人に1人となっており、岐阜県が製造業(ドリルやエンドミルなど切削工具を使用されない製造業も含む)に対して全国的にみても多いことが良くわかります。

工業製品の中でも多いのは、ドリルやエンドミル、タップやリーマ―など様々な切削工具を使用する自動車産業であり、2015年の工業統計調査によると、岐阜県の製造品の出荷額のうち約17%となっています。

続いて、岐阜県の中でも特にドリル、エンドミル、タップ、リーマ―など切削工具の再研磨のご利用が多い市についても詳しく見ていきます。

各務原市の切削工具再研磨

各務原市は岐阜県の中でも一番といっていい程ものづくりが盛んな街です。各務原市では大手重工業があり、飛行機や自動車に関連した金属加工業、化学工業、プラスチック工業などが非常に盛んで13年もの間連続で製造品出荷額が岐阜県で1番です。

自動車の品質はもちろんのことですが、飛行機の品質管理はさらに厳しく、ドリルやエンドミル、タップ、リーマ―の再研磨もしっかりとした品質で行われています。

他にも各務原市内には、先端技術が集まっている「テクノプラザ」や日本で一番古い工業団地である「岐阜県金属工業団地」など有名な工業団地もあり、技術力や信頼性の高い企業が活躍しています。

上記でドリルやエンドミル、タップ、リーマ―の再研磨で特にシビアな管理が必要とされる航空宇宙産業のお話しをしましたが、2011年には「アジアNo.1航空宇宙産業クラスター形成特区」(国際戦略総合特区)に各務原市内の一部が指定されるなど、世界に向けて技術を広げている市ともいえます。

大垣市の切削工具再研磨

現在では、ドリルやエンドル、タップにリーマ―、メタルソー、サイドカッターなど様々な切削工具の再研磨をご利用になられるお客様の多い大垣市ですが、その工業の成り立ちは、順風満帆とは言えませんでした。

かなり昔にさかのぼること1891年濃尾大地震、そしてその5年後には大洪水の被害に合うなど、災害がとても多く、工業の発展が行われない時期が続きました。

しかし、大正時代に入り、大垣市内で繊維工業が徐々に発達すると瞬く間に、工業化が進み、昭和の初め頃には化学工業や機械工業が形成され始めました。

そういった経緯から大垣市は、外的な影響にも非常に力強い工業地盤があり、ツールリメイクのドリルやエンドル、タップにリーマ―、メタルソー、サイドカッターなど様々な切削工具の再研磨をご利用になられているお客様もたくさんいらっしゃいます。

また、大垣市は各務原市と同様に、航空宇宙産業クラスター形成特区でもありますので、こちらでも高品質なドリルやエンドミルなど切削工具の再研磨をご利用頂けています。

岐阜県の切削工具再研磨集配

岐阜県では、現在2つのドリルやエンドミルなど切削工具再研磨品の集配ルートがあり、数多くのお客様から切削工具をお預かり、納品させて頂いております。ドリルやエンドミルに限らず、タップやリーマ―、サイドカッターにメタルソーなど2週間に一度の集配で切削工具のコーティングまでお客様のご希望どおりに対応させて頂いております。お電話または、お問い合わせフォームよりご連絡頂ければ、すぐにヒアリングさせて頂きます

TEL:0120-262-040

ツールリメイクでは、切削工具再研磨集配スタッフがお客様の元へお伺い致してります。切削工具の再研磨や製造でお困りのお客様は、ツールリメイクまでお問い合わせ下さい。

お問合わせから納品までの流れ

1.お問い合わせ

お問合わせフォームまたは電話にて、切削工具の再研磨や製造に関するお悩みをご相談下さい。切削工具再研磨・製造の技術者が内容をヒアリングさせて頂きます。その際、現在加工している材質やどのような切削工具を使っているのか、またどのように使用しているのかをお伺いさせて頂きます。ワークの材質はもちろんですが、切削工具のメーカーによって刃の角度や刃径も様々ですので、詳しくお伝え頂くことで、より最適な提案をさせて頂くことができます。

2.切削工具の現物確認や現場確認

より正確な状況や情報を得るため、場合によっては現物を送って頂き調査する所から始めます。また現場の設備との相性もありますので、弊社技術スタッフがお伺いさせて頂くこともございます。

 

3.切削工具設計または新品再現時のお見積り

基本的な新品再現であれば、わかりやすい価格表を作成しておりますのでそちらをお渡し致します。また特殊工具などに関しましては、設計後お見積りを提出させて頂き、お客様のご納得のうえ加工致します。

 

4.加工

大手切削工具メーカーのノウハウを蓄えている、職人が1本1本丁寧にお客様のご希望、設計に合わせて研磨・製造していきます。工具に錆があれば、徹底した錆の除去後、研磨加工を行い、加工後には入念に洗浄し、加工後の工具に傷が入らないようにするためシールピールで工具を確実に保護いたします。もちろん多彩なコーティングで刃の強化も自由自在です。

5.納品

できあがった工具は弊社集配スタッフが直接お客様のもとへお届け致します。工具の出来栄えを確認していただければ、その切れ味と加工技術の高さを実感頂くことができます。加工精度はもちろんのこと、加工工数の削減に貢献します。また、ご注文頂いた情報は、弊社専用のオーダーシートやシステムで管理されておりますので、10年前にご注文頂いた切削工具の情報もすぐにお出しすることができます。

6.集配

ご要望に応じて、ご注文を頂きましたお客様のもとへ2週間に1度のサイクルで定期訪問させて頂くことが可能です。再研磨品がある場合はお預かり致しまして、また2週間後にお持ち致します。定期的にお伺いさせて頂きますが、ご注文がなくても全く問題ございません。お客様へ工具に関する情報や、加工に関する改善提案など、お客様のお役に立てる情報をご提供させて頂きます。また、定期訪問をご活用頂くことで、突然のお困り事にも直ぐにご対応させて頂くことができ、直接お伺い致しますので、工具の発送手間や送料を気にする必要がありません。お客様にとってより良いサービスとなっております。