マシニングセンタの種類別人気メーカー15選   
工作機械

マシニングセンタの種類別人気メーカー15選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
マシニング加工

こんにちは、ドリル・エンドミルなど切削工具の再研磨をしているツールリメイクです。

 

マシニングセンタのメーカーは、たくさんありすぎてどのメーカーが人気があるのか分かりにくいですよね。

マシニングセンタは、種類によって得意としているメーカーが異なるため、機械を選ぶ目的ごとにおすすめのメーカーは変わってきます。

そこで今回は、どんなマシニングセンタのメーカーを選んでいいのかわからない人に向けて、種類別にそれぞれのマシニングセンタの製造を得意としているメーカーについて詳しく紹介していきましょう。 

切削工具の再研磨ならツールリメイクへ!

マシニングセンタとは?

マシニングセンタのメーカーについて解説して行く前に、マシニングセンタについて簡単におさらいしておきましょう。

マシニングセンタとは工具を回転させながら、固定した材料を押し当てて削り出す工作機械です。

汎用フライスとは違って、マシニングセンタはプログラムで動くのが特徴で、加工プログラムを作成しておけば、最初から最後まで自動的に加工ができるのが特徴です。

また先端工具を自動で交換するATC(Automatic tool changer)機能が搭載されており、加工プログラムに合わせて交換用の工具をセットしておけば、複雑な加工にも対応できます。

マシニングセンタを使った加工は、車の部品やプラスチックの金型などによく利用されており、 私たちの生活にはなくてはならないものとなっています。

マシニングセンタの種類

マシニングセンタには様々な方式があり、求められる性能によって種類が使い分けられます。

一般的な加工の現場でよく使われるマシニングセンタの種類には

 

  • 立形マシニングセンタ
  • 5軸立形マシニングセンタ
  • 横形マシニングセンタ

 

などがあります。

この他にも「門型マシニングセンタ」などもありますが、門型マシニングセンタは一部の大型部品の加工にしか使われていないため、あまり一般的とは言えないでしょう。

立形マシニングセンタ

立形マシニングセンタは、工具の回転軸である「主軸」が垂直方向のものを指します。

立形マシニングセンタは、省スペースで設置できる上に、導入コストが低い場合が多く、多くの町工場で利用されています。

材料の取り替え作業もやりやすく、少量多品種の製造に適しているのが特徴です。

立形マシニングセンタというと一般的にはX軸、Y軸、Z軸の3方向の軸を備えたものを指す場合がほとんどです。

5軸立形マシニングセンタ

立形マシニングセンタに2つの回転軸を備えたものが5軸立形マシニングセンタです。

単に5軸加工機や5軸マシニングセンタと呼ばれる場合もあります。

5軸立形マシニングセンタは、機種によって回転軸の位置が異なる場合もあります。

いずれにせよ、5軸立形マシニングセンタは、立体的な加工ができるため、通常の立形マシニングセンタでは複数回の段取り替えが必要だった加工も1回の加工でできてしまいます。

ただし、価格は立形マシニングセンタよりも遥かに高価なので導入には費用対効果をしっかりと考える必要があるでしょう。

 

横形マシニングセンタ

横形マシニングセンタは、主軸が水平に取り付けられたマシニングセンタを指します。

水平に取り付けられているため、切り屑の排出性が高いのが特徴です。

材料を取り付けるテーブルを交換できるパレットチェンジャが取り付けられるので、加工中に材料交換ができるため、量産性に優れます。

しかしその反面、横形マシニングセンタは機械の占有スペースが広いので設置場所を選ぶというデメリットがあります。

同じ製品を大量に生産する場合に横形マシニングセンタは活躍するでしょう。

立形マシニングセンタの人気メーカー3選

ここからは立形マシニングセンターのおすすめメーカーについて紹介していきます。

立型マシニングセンターのおすすめメーカーとして紹介するのは

 

  • ファナック
  • ブラザー
  • キタムラ

 

の3社。

順番に見ていきましょう。

ファナック

会社HP:https://www.fanuc.co.jp/index.html

 

ファナックは小型の立形マシニングセンタの定番シリーズ「ROBODRILL」が人気です。

扱いやすさと設置のしやすさから、広く普及しています。

ファナックではロボットアームもラインナップされており、ロボットアームと連携させるような使い方も量産の現場ではよく行われます。

ブラザー

会社HP:https://www.brother.co.jp/

 

ブラザーは、小型のマシニングセンタでも高い剛性を誇り、コンパクトな外観から想像もできないほどの大きなワークの加工が可能です。

立形マシニングセンタには珍しいパレットチェンジャ搭載モデルもあり、高い量産性能を誇ります。

キタムラ機械

会社HP:https://kitamura-machinery.co.jp/

 

職人の手仕上げによってキサゲで仕上げられた摺動面は、スムーズな動作と高い剛性を誇ります。

高い剛性を誇るボディは、難削材などの加工に最適です。

 

5軸立形マシニングセンタの人気メーカー3選

続いては5軸の立形マシニングセンタのおすすめメーカーについて紹介していきましょう。

紹介するのはこちら

 

  • DMG森精機
  • オークマ
  • ヤマザキマザック

 

順番に見ていきましょう。

 

DMG森精機

会社HP:https://www.dmgmori.co.jp/top2/

 

DMG森精機は、様々な形状の5軸加工機をラインナップしており、用途によって最適な5軸加工機を選択できます。業界大手のメーカーらしい機械のデザインも大きな魅力です。

オークマ

会社HP:https://www.okuma.co.jp/

 

オークマの5軸加工機の中には、高精度と高剛性を両立したトラニオンテーブルと呼ばれる両端支持のテーブルが搭載されており、高効率での安定した加工が行えます。

 

マザック

会社HP:https://www.mazak.jp/

 

マザックの5軸加工機は、鉄系の重切削から、アルミなどの軽金属の高速切削にそれぞれ対応した主軸タイプを選択でき、加工する材質に合わせて最適な主軸を選択できます。

横形マシニングセンタの人気メーカー3選

最後は、横形マシニングセンタを得意としているメーカー。

今回紹介するのは

 

  • TOYODA
  • 牧野フライス製作所
  • 東台精機

 

各メーカーについて見ていきましょう。

 

TOYODA

公式HP:https://toyoda.jtekt.co.jp/

 

自動車の部品の量産加工といえばTOYODAの横形マシニングセンタ。

IoE(Internet of Everything)を得意とするので、生産ラインを自動化したいならTOYODAと言ってもいいでしょう。

牧野フライス製作所

公式HP:https://www.makino.co.jp/ja-jp/

 

牧野フライス製作所の横形マシニングセンタは、メンテナンス性が高く、長期間に渡って最高のパフォーマンスを発揮してくれます。

長く機械を使っていくのであれば、牧野フライス製作所がおすすめです。

東台精機

公式HP:https://www.tongtai.com.tw/jp/index.php

 

東台精機(とんたいせいき)が最も得意とするのが、アルミダイカスト製品の量産加工です。高効率で低コストでアルミダイカスト製品を加工するのであれば、東台精機が最もおすすめです。

マシニングセンタのメーカーは他にもたくさん

マシニングセンタのメーカーは、今回紹介したメーカー以外にもたくさんあります。

各社得意としている分野があったり、独特の性能があったりする場合があり、とてもおもしろいものです。

そんな機械の性能は、なかなかメーカーHPだけでは確認できないもの。機械の性能について詳しく知りたくなったら、メーカーに問い合わせるか、展示会に足を運ぶなどしてみてもいいでしょう。

自分に最適なマシニングセンタに出会えるように色々と調べてみてくださいね。

切削工具の再研磨ならツールリメイクへ!

ドリル・エンドミルの再研磨はツールリメイクにおまかせ

ツールリメイクでは、再研磨を専門にしており、お持ちの工具にピッタリの再研磨方法をご提案することが可能です。

ですので、ドリルやエンドミルだけでなく様々な工具を再研磨可能ですので、刃物の切れ味で困っているのであれば、ぜひ一度ご相談くださいね。

 

ツールリメイクでは再研磨はもちろんのこと、ドリルやエンドミルのレンタルサービスも行っております。

詳しくは、下記の「現場を変える、切削工具レンタルサービス。」をご覧ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

現場を変える、切削工具レンタルサービス。

ツールリメイクでは、これまで切削工具を使う現場で起こっていた「ちょっとだけ、すぐに使いたい!」という課題を解決すべく、切削工具のレンタルサービス「カシコ」を開始致しました。「カシコ」という名前は「貸し工具」と「賢い」に由来し、成果を上げている数多くの現場で使用され始めております。

カシコについてもっと詳しく