アルミの切削加工に困ったら?   
切削工具

アルミの切削加工に困ったら?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アルミ加工

こんにちは、ドリル・エンドミルなど切削工具の再研磨をしているツールリメイクです。

 

普段鉄ばかり加工していると、アルミの加工となると不安ですよね。

アルミは切削しやすい金属ですが、溶着を起こす可能性もあります。

今回は、アルミの切削について最低限押さえておきたいポイントについて紹介していきます。

 

アルミの種類と特徴

アルミには様々な種類があります。

その中でも、切削加工に用いられるアルミの材料は下記のような種類があります。

 

・A5052…アルミ合金のなかでも中程度の強度を持ちます。耐食性や溶接性のいい材料です。

・A6061…耐食性の優れたアルミ合金です。構造用材などによく使用されます。

・A2017…切削加工性と強度に優れたアルミ合金で、ジュラルミンとも呼ばれます。

・A7075…超々ジュラルミンと呼ばれ、高い強度を持つアルミ合金です。

 

アルミ合金全体の特徴として、切削性に優れています。

ただし、アルミの純度が高い場合は、材質に粘り気があり切削にはあまり向きません。

アルミは、加工硬化を起こしにくく、切削加工の際に表面が硬化してしまう心配がなく、安定した切削加工が可能です。

冷却が間に合わなくなってしまうと、アルミが溶け刃物に溶着してしまうので、加工時に温度が上がりすぎないようにする必要があります。

 

アルミの切削工具選定のポイント

アルミには専用の刃物も多く出ていますが、専用のものを必要としていない場合は、すくい角の大きい、シャープな刃先の刃物を利用するのがいいでしょう。

アルミは、柔らかい金属のため、シャープな刃物で加工するのが基本です。

また、アルミは切り屑が繋がりやすいため、切り屑の排出性に優れた刃物が適しています。

切り屑の排出がスムーズになるように、すくい面が研磨されていたり、滑りのいいコーティングが施されているものがいいでしょう。

 

アルミの切削加工時のポイント

アルミの場合、切削速度は高速で行うのが基本です。

ただし、熱が溜まり過ぎると溶着を起こす可能性があるので、溶着が起こった場合は切削速度を下げましょう。

クーラントを使用する場合は、アルミに適したものを使う必要があります。

適していないものを使用すると、アルミの表面が変色する可能性があるので注意して下さい。

 

まとめ

アルミの加工についておさらいしておきましょう。

 

・すくい角の大きなシャープな刃物を使う

・切り屑排出性のいい刃物を使う

・溶着が起こったら切削速度を下げる

・クーラントを使用する場合はアルミに適したものを使用する

 

こちらの基本を覚えてアルミ加工にチャレンジしてみてくださいね!

 

切削工具の再研磨はツールリメイクにおまかせ

ツールリメイクでは、再研磨を専門にしており、お持ちの工具にピッタリの再研磨方法をご提案することが可能です。

ですので、エンドミルだけでなく様々な工具を再研磨可能ですので、刃物の切れ味で困っているのであれば、ぜひ一度ご相談くださいね。

 

ツールリメイクではスクエアエンドミルの再研磨はもちろんのこと、ドリルやエンドミルのレンタルサービスも行っております。

詳しくは、下記の「現場を変える、切削工具レンタルサービス。」をご覧ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

現場を変える、切削工具レンタルサービス。

ツールリメイクでは、これまで切削工具を使う現場で起こっていた「ちょっとだけ、すぐに使いたい!」という課題を解決すべく、切削工具のレンタルサービス「カシコ」を開始致しました。「カシコ」という名前は「貸し工具」と「賢い」に由来し、成果を上げている数多くの現場で使用され始めております。

カシコについてもっと詳しく