切削工具大全集!種類と用途を一挙紹介   
切削工具

切削工具大全集!種類と用途を一挙紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
タップの種類

こんにちは、ドリル・エンドミルなど切削工具の再研磨をしているツールリメイクです。

 

切削工具って沢山ありすぎて、何がなんだかわかりませんよね。

切削加工をはじめたばかりだと、工具の種類を覚えるだけでも大変です。

工具の用途や名前を覚えきれない方のために、よく使われる切削工具の種類と用途をまとめました。

この記事を読んで、適切な工具を自分で選べるようになりましょう。

 

そもそも切削工具ってどんな工具?

切削工具は、刃物を被削材に押し当てて被削材を剥ぎ取る工具です。

切削工具の形状には様々なものがありますが、上記の原理は共通しています。

一方、切削と似た言葉で「研削」という言葉がありますが、こちらは刃物ではなく砥石を使って被削材の表面を擦り取る加工を指します。

切削工具は、刃物で被削材の表面を剥ぎ取るものということを覚えておきましょう。

 

切削工具の一覧

切削工具は用途によって様々な形状をしています。

フライス盤や旋盤では、加工の方法が異なるため、切削工具の形状も大きくことなっています。

今回は、フライス盤と旋盤でジャンル分けをして使われる工具をまとめました。

 

フライスで使用する切削工具

フライスでは工具を回転させますが、工具の形状や用途は非常に豊富です。

汎用的な工具だけでも下記のような種類があります。

 

・ドリル

・正面フライス

・サイドカッター

・エンドミル

・リーマー

・タップ

 

ドリル

ドリル 摩耗

ドリルは、穴あけ専用の工具です。

回転軸に対して、まっすぐに動かして穴をあけられる工具ですが、横方向には切削できません。

ドリルの種類には

 

・ソリッドドリル

・チップ式ドリル

・ヘッド交換式ドリル

 

などの種類が存在します。

量産加工などで、大量の製品を加工する場合は、チップ式ドリルやヘッド交換式ドリルなどの刃先のみを交換できるタイプのドリルを使用するとランニングコストが抑えられます。

一方で、ソリッドドリルは価格が安いものが多いのでイニシャルコストが抑えられるのが特徴です。

 

正面フライス

正面フライス

 

正面フライスは、被削材の上面を平坦に加工できるのが特徴です。

最近では、ほとんど正面フライスが、刃先のみを交換するチップ交換式となっています。

 

高精度に被削材の平面を加工したい場合や、加工の基準となる平面を作り出すのに使用されます。

 

エンドミル

エンドミルと切粉

 

エンドミルはドリルと形状がよく似ていますが、異なる用途で使用されます。

ドリルが垂直方向の加工に使用されるのに対して、エンドミルは横方向の加工に最適です。

被削材の外形形状を作り出すのに主に用いられ、複雑な形状の製品を加工するのに適しています。

 

エンドミルの形状には

 

・スクエアエンドミル

・ボールエンドミル

・ラジアスエンドミル

 

などの種類があります。

 

スクエアエンドミルは底が平らになっており、底刃を使った加工も可能で、正面フライスのような使い方も可能です。

ボールエンドミルは、底刃が球形状をしており、3次元的な形状を削りだすのによく用いられます。

ラジアスエンドミルは、底刃のコーナーがRになっており、スクエアエンドミルではすぐに刃が欠けてしまうような重切削などに使用されます。

 

リーマ

マシンリーマ

 

リーマは、ドリルであけた穴の精度や面粗度をあげるのに使用します。

金型などの精密な穴の加工に用いられます。

 

リーマには

 

・ストレートリーマ

・ブローチリーマ

・テーパーリーマ

 

などの種類があり、材料の種類や加工の条件などによって使い分けられます。

ストレートリーマは、安価なため汎用的な用途に用いられます。

ブローチリーマは切り屑が噛み込みにくい螺旋形状をしており、加工の安定性が抜群です。

テーパーリーマは、その名の通りテーパー穴を仕上げるリーマです。

 

タップ


管用タップ

 

タップは、ドリルであけ下穴に対して、雌ネジを切る工具です。

タップ加工は、工具の回転速度とネジ山のピッチに合わせて送り速度を調整する必要があるなど、注意点が多いので細心の注意を払って加工する必要があります。

タップには

 

・ポイントタップ

・スパイラルタップ

・ハンドタップ

 

などの種類が存在し、切り屑を出したい方向によって使い分けます。

 

旋盤で使用する切削工具

旋盤は、材料を回転させて、刃物を固定するという特徴があります。

ですので、フライス盤で使用した工具とは全く異なった形状の工具が使用され、「バイト」と呼ばれるものを使用します。

旋盤で使用される「バイト」には

 

・無垢バイト

・ロウ付けバイト

・チップ交換式バイト

 

のような種類が存在しますが、工場ではランニングコストや精度管理の観点からチップ交換式バイトが多く使われています。

 

外形バイト

※外形バイト画像

外形バイトは、旋盤加工で最も使用する工具で、円柱形状の外形を切削するのに用いられます。

 

ボーリングバイト

※ボーリングバイト画像

外形バイトとよく似ていますが、ドリルなどであけた穴を広げる用途で使用されるので、刃の付いている向きが逆になっています。

 

突切りバイト

※突切りバイト画像

突切りバイトは、製品の外形に溝を入れたり、加工の最後に製品を切り離すのに用いられます。

 

ねじ切りバイト

※ねじ切りバイト

 

ねじ切りバイトは、雄ネジや雌ネジを切るのに使用します。

雄ネジ用と雌ネジ用があるので注意が必要です。

外形バイトやボーリングバイトで、下加工を行ったあとに使用します。

タップ加工と同じく、回転速度とバイトの送り速度をあわせる必要があるので加工の際にはしっかりと確認しましょう。

 

工具の種類を知っていれば加工が楽になる

今回、紹介したのはほんの一部の工具です。

工具には非常に多くの種類が存在しており、ここでは紹介しきれません。

ですが、特殊な工具も知っていれば、苦労していた加工が簡単にできてしまう場合もあります。

また、工具にどんなものがあるのかを知っているに越したことはないでしょう。

楽に加工をするためにも、日々工具のカタログには目を通しておくのがおすすめです。

 

切削工具の再研磨はツールリメイクにおまかせ

ツールリメイクでは、再研磨を専門にしており、お持ちの工具にピッタリの再研磨方法をご提案することが可能です。

ですので、エンドミルだけでなく様々な工具を再研磨可能ですので、刃物の切れ味で困っているのであれば、ぜひ一度ご相談くださいね。

 

ツールリメイクではスクエアエンドミルの再研磨はもちろんのこと、ドリルやエンドミルのレンタルサービスも行っております。

詳しくは、下記の「現場を変える、切削工具レンタルサービス。」をご覧ください。

現場を変える、切削工具レンタルサービス。

ツールリメイクでは、これまで切削工具を使う現場で起こっていた「ちょっとだけ、すぐに使いたい!」という課題を解決すべく、切削工具のレンタルサービス「カシコ」を開始致しました。「カシコ」という名前は「貸し工具」と「賢い」に由来し、成果を上げている数多くの現場で使用され始めております。

カシコについてもっと詳しく