ドリルの有名メーカーを一挙公開【全10社】   
切削工具

ドリルの有名メーカーを一挙公開【全10社】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ドリル先端

こんにちは、ドリル・エンドミルなど切削工具の再研磨を行っているツールリメイクです。

いつも使っているドリル、そのドリルはどこのメーカーのものですか?

ドリルっていつも買っているメーカーのものを、ついつい買ってしまいますよね。

ですが、最近はドリルも色々なものが出てきていて、ちょっと目線を変えると面白いドリルや用途にピッタリなドリルと出会うことができるかもしれませんよ?

今回は、主要なドリルメーカーを10社どーんとまとめて紹介していきます。

 

代表的なドリルメーカーとその特徴を一挙紹介!

 

国内のメーカーをはじめ、海外のメーカーもふくめて紹介していきます。

 

オーエスジー株式会社

 

オーエスジーは日本を代表する総合工具メーカーで、幅広い切削工具のツールの製造販売を行っています。

総合メーカーのため取り扱っているツールも幅広く、一通りのドリルが手に入ります。

The A Brandと呼ばれる製品シリーズは汎用的なドリルシリーズで、幅広い被削材に対応し必要なものが必ず見つかるくらいのラインナップです。

 

岡崎精工株式会社

 

岡崎精工株式会社は大阪に拠点を置く、切削・研削工具の製造・販売会社。

超硬やコバルトハイスといった材料を使用したドリルの製作を行っており、ソリッドドリルをメインに手がけています。

中でも「超微粒子超硬合金」を使用したソリッドドリルは、被削材を選ばずに使用することができ、汎用性に富んでいます。

 

住友電工ハードメタル株式会社

 

住友電工ハードメタル株式会社は「イゲタロイ」の名で親しまれる、総合ツールメーカーです。

超硬ドリルを中心に、内部クーラント仕様のドリルを多くリリースしており、マシニングでの切削に特化した工具製造しています。

チップ式ドリルや刃先交換式のドリルも多くラインナップし、コーティングの種類も多いです。

 

ISCAR Japan Ltd.(イスカルジャパン)

 

イスカルジャパンは、イスラエルに本社を置く超硬切削工具メーカー。

日本法人は、平成6年に設立されています。

超硬に特化した製品を製作しており、特に超硬ソリッドドリルには力を入れています。

また、深穴用のガンドリルやチップ式ドリルなども手がけており、穴あけ加工の道具が揃い踏みです。

 

株式会社イワタツール

 

イワタツールは、センタードリルを中心とした切削工具メーカー。

創業が昭和3年と古く、小径の特殊工具に絞って製品開発を行っており、汎用工具では無く特殊工具に力を入れています。

センタードリルやスターティングドリル、サブマリンゲートドリルなど他のメーカーではバリエーションの少ない工具も豊富に取り扱っています。

 

サンドビック株式会社

 

サンドビックはスウェーデンのストックホルムに本社を置く総合ツールメーカー。

特にチップ式のやヘッド交換式のドリルに強く、チップの材種や切り屑処理のためのブレーカーの種類が豊富です。深穴用のソリッドドリルにも強いので、深穴加工が必要なら一度見てみるといいでしょう。

 

株式会社不二越

 

株式会社不二越は「NACHI」の相性で親しまれる、老舗工具メーカー。

新開発の超硬材料とコーティングが施された「アクアREVOドリル」シリーズは、長寿命、効能率、多用途でオールラウンドに使えるドリルとなっています。

ハイスドリルやチップ式、刃先交換式ドリルなども幅広くラインナップされており、総合的にドリルを揃えることが可能です。

 

三菱マテリアル株式会社

三菱マテリアル株式会社は、切削工具の総合メーカーです。

汎用超硬ソリッドドリルの「WSTARドリルシリーズ」はコーティングの種類も多く、様々な材質に対応しています。

そしてハイス素材の高精度深穴ドリルなどもラインナップされており、ドリル径の10倍までの深穴をノンステップで加工することが可能です。

 

YAMAWA JAPAN

YAMAWA JAPANはタップ、ダイス、センタードリルを専門に手がける工具メーカー。

汎用的なドリルのラインナップはありませんが、センタードリルに特化しており、そのノウハウは他の総合メーカーよりも優れています。

ジョイント式のセンタードリルなども揃えており、刃先を交換するだけで先端形状を変えることが可能なものもラインナップされています。

 

株式会社タンガロイ

株式会社タンガロイは福島県に拠点を置く、金属切削加工のツールメーカーです

超硬合金を得意としており、チップ式、刃先交換式のドリルを得意としています。

チップ交換式ドリルでは独自のクランプ機構を採用しており、高いインデックス性能で工具交換の手間を削減。

ソリッドドリルでも様々なコーティングであらゆる被削材に対応し、高寿命を実現しています。

 

工具メーカーまだまだ沢山

 

今回紹介できたドリルメーカーは主要な企業のみの紹介となってしまいましたが、まだまだ沢山のドリルメーカーが存在しています。

沢山ドリルがありすぎて、どれを使用すればいいのか迷ってしまうかもしれませんが、自分の環境に最適なドリルを見つけるととても嬉しいものです。

みなさんもお気に入りのドリルを見つけてみてくださいね。

 

ドリルの再研磨はツールリメイクにおまかせ

ツールリメイクでは、再研磨を専門にしており、お持ちの工具にピッタリの再研磨方法をご提案することが可能です。

ですので、ドリルだけでなく様々な工具を再研磨可能ですので、刃物の切れ味で困っているのであれば、ぜひ一度ご相談くださいね。

 

ツールリメイクではドリルの再研磨はもちろんのこと、ドリルのレンタルサービスも行っております。

詳しくは、下記の「現場を変える、切削工具レンタルサービス。」をご覧ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

現場を変える、切削工具レンタルサービス。

ツールリメイクでは、これまで切削工具を使う現場で起こっていた「ちょっとだけ、すぐに使いたい!」という課題を解決すべく、切削工具のレンタルサービス「カシコ」を開始致しました。「カシコ」という名前は「貸し工具」と「賢い」に由来し、成果を上げている数多くの現場で使用され始めております。

カシコについてもっと詳しく