【エンドミル】チップ・ヘッド交換式エンドミルのメリットデメリット   
切削工具

【エンドミル】チップ・ヘッド交換式エンドミルのメリットデメリット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、ドリル・エンドミルなど切削工具の再研磨をしているツールリメイクです。

エンドミルの中でも、近年よく使われているチップ交換式やヘッド交換式のエンドミルは使用したことがあるでしょうか?

 

チップ交換式やヘッド交換式は、量産加工で素晴らしいメリットを発揮する工具で、その経済性の高さから、量産加工によく使用されています。

チップ交換式やヘッド交換式のエンドミルを使用したことがない方のために、チップ交換式・ヘッド交換式がどんなものなのかや、それぞれのメリット・デメリットについて紹介していきます。

 

チップ交換式エンドミルとは

 

まず最初に、チップ交換式エンドミルとはどういったものなのかについて解説していきましょう。

 

チップ交換式エンドミルは、ソリッドエンドミルとは異なり、刃物の部分が超硬やサーメットといった素材でできたチップとチップを取り付けるためのボディに分かれたエンドミルです。

チップを取り付けるには、取り付け用のボルトで取り付けるのが一般的。

 

エンドミルのタイプや径の大きさにもよりますが、チップを深いところまで取り付けることができるものもあり、底刃での加工だけでなく、側面を使用した加工もすることが可能です。

 

ヘッド交換式エンドミルとは

 

続いてヘッド交換式のエンドミルについて見ていきましょう。

ヘッド交換式エンドミルは、超硬やサーメットでできたヘッド部分と、ヘッドを取り付けるボディで構成されたエンドミルのことで、ヘッドとボディは逆ネジで結束できるようになっています。

通常のエンドミルは時計回りで回転するため、逆ネジで結束されたヘッド交換式エンドミルは切削負荷がかかると締め付けられるので外れることはありません。

チップ式とは違い、先端部の交換のみなので、基本的には底刃を使った加工になります。

 

チップ式エンドミルのメリット・デメリット

 

続いてチップ式エンドミルのメリット・デメリットについて見ていきましょう。

 

メリット

 

ランニングコストが安い

チップ式エンドミルは、刃先が摩耗してきた際にチップを交換するだけで済みます。

また、チップには複数面刃先として使用できる面があるため、1枚のチップで数回使用できるため大変経済的です。

 

摩耗時にチップ交換だけで済む

ソリッドエンドミルの場合、刃先が摩耗してくると再研磨をする必要がありますが、チップ式エンドミルの場合はチップを交換するだけで済みます。

チップ式エンドミル1本で継続的に使用できるため、複数本エンドミルを持つ必要もなく経済的です。

 

被削材に合わせてチップを交換できる

チップを交換することで、被削材に合わせて最適な刃先の材質やコーティング、チップブレーカーの形状などを選択することが可能です。

そのため、被削材に合わせて何本もエンドミルを持つ必要がないので、コストを削減することができます。

 

デメリット

 

導入コストが高い

チップ式エンドミルのボディは高価で、導入時のコストがソリッドエンドミルを購入するのに比べて掛かってしまいます。

 

精度があまり良くない

チップ式エンドミルは、チップをボルトで固定している形になるので、ソリッドエンドミルに比べると精度はあまり良くありません。

また、複数のチップを用いるタイプのものは表面があまりきれいに仕上がらないという点もあるので、主に荒加工に使用されます。

 

チップ交換の手間がかかる

チップ数が多いエンドミルの場合は、チップの交換に時間がかかることがあります。

 

ヘッド交換式エンドミルのメリット・デメリット

続いてヘッド交換式エンドミルのメリット・デメリットについて見ていきましょう。

チップ式エンドミルと被ってしまう部分は簡単に解説していきます。

 

メリット

 

ランニングコストが安い

ヘッド交換式は先端を交換すればいいだけなので、交換時のコストが安く済みます。

 

摩耗時にヘッド交換だけで済む

刃先が摩耗した際には、ヘッドを交換するだけで済むため、ボディは継続して使用することが可能で経済的です。

 

被削材に合わせてヘッドを交換できる

被削材の材質に合わせてヘッドを交換することで、被削材に最適な刃物を使用することが可能です。

 

デメリット

 

導入コストが高い

ヘッド交換式のエンドミルはボディが高く、ソリッドエンドミルに比べて導入時にコストが掛かってしまいます。

 

側面加工ができない

ヘッド交換式の場合は、側面の外周刃はあまり長くないものが多く、側面での加工が難しいものが多いです。

そのため、底刃中心の加工になるということを考えておかなければなりません。

 

チップ式・ヘッド交換式エンドミルは量産加工におすすめ

チップ式・ヘッド交換式のエンドミルは、少量多品種製品の加工よりも、量産加工に適しています。

 

量産加工で安定した条件で加工すれば、ソリッドエンドミルに比べて高いランニングコストと作業性を得ることが可能です。

 

ですので、量産加工を検討する際は是非チップ式やヘッド交換式のエンドミルの導入を検討してみてください。

 

エンドミルの再研磨はツールリメイクにおまかせ

ツールリメイクでは、再研磨を専門にしており、お持ちの工具にピッタリの再研磨方法をご提案することが可能です。

ですので、エンドミルだけでなく様々な工具を再研磨可能ですので、刃物の切れ味で困っているのであれば、ぜひ一度ご相談くださいね。

 

ツールリメイクではスクエアエンドミルの再研磨はもちろんのこと、ドリルやエンドミルのレンタルサービスも行っております。

詳しくは、下記の「現場を変える、切削工具レンタルサービス。」をご覧ください。

現場を変える、切削工具レンタルサービス。

ツールリメイクでは、これまで切削工具を使う現場で起こっていた「ちょっとだけ、すぐに使いたい!」という課題を解決すべく、切削工具のレンタルサービス「カシコ」を開始致しました。「カシコ」という名前は「貸し工具」と「賢い」に由来し、成果を上げている数多くの現場で使用され始めております。

カシコについてもっと詳しく