愛知県のドリル・エンドミル再研磨集配地域

 

 

名古屋市(千種区、東区、北区、西区、中村区、中区、昭和区、瑞穂区、熱田区、中川区、港区、南区、守山区、緑区、名東区、天白区)、豊橋市、岡崎市、一宮市、瀬戸市、半田市、春日井市、豊川市、津島市、碧南市、刈谷市、豊田市、安城市、西尾市、蒲郡市、犬山市、常滑市、江南市、小牧市、稲沢市、新城市、東海市、大府市、知多市、知立市、尾張旭市、高浜市、岩倉市、豊明市、日進市、田原市、愛西市、清須市、北名古屋市、弥富市、みよし市、あま市、長久手市、東郷町、豊山町、大口町、扶桑町、大治町、蟹江町、飛島村、阿久比町、東浦町、幸田町、設楽町、東栄町、豊根村

※順次ルートを増やしておりますので上記以外のご住所でもお伺い致します。

愛知県で再研磨のご注文が多い切削工具ランキング

 ハイスドリル

 超硬エンドミル

 ハイスエンドミル

リサーチ:愛知県にてツールリメイクサービスをご利用のお客様の切削工具再研磨本数から算出

愛知県の切削工具・再研磨の特徴

日本は太平洋沿岸を横断するように、「太平洋ベルト」と呼ばれる工業地帯が存在します。その太平洋ベルトの中には、京浜工業地帯、中京工業地帯、阪神工業地帯、北九州工業地帯からなる「四大工業地帯」と呼ばれる地域があり、国内トップクラスの生産活動が行われています。

このような工業地帯では、様々な工業が存在していますので切削工具もたくさん使用されており、ツールリメイクの再研磨・製造・コーティングサービスをご利用になられるお客様が非常に多くいらっしゃいます。その工業地帯の中の一つに「中京工業地帯」があります。愛知県名古屋市を中心に東海地方に存在する工業地帯で、他の工業地帯と比べても、従業員数や製品出荷額ともにNo.1と言われています。

愛知県は自動車製造のイメージが非常に強いと思いますが、古くから工業が盛んな土地です。愛知県の瀬戸市では瀬戸焼で知られる焼き物、愛知県の一宮市では毛織物などが古くから栄えていました。

愛知県は東海道の中心にあり、東京と大阪を行き来する街で、半島に囲まれた穏やかな港湾もあったため、貿易も活発に行われてきました。また資源にも恵まれ、木曽川など潤沢な水を確保できたことも、工業が大きく発展した理由の一つです。

戦前戦中になると、国内では航空機の需要が高まり、名古屋はその軍事産業の中心となりました。戦争が終わると、その立地を生かし、石油化学工業を主として石油化学コンビナートが名古屋港界隈に建設されました。この後、日本が世界を圧巻する、自動車産業が愛知県豊田市を中心として栄え、現在に至ります。

自動車業界は、特に効率やコストダウンが重視される業界ですので、エンドミルやドリルなどの切削工具の製造や再研磨により、貢献をさせて頂いております。

愛知県の2大輸送機工業

愛知県には工業がたくさんありますが、中でも自動車と航空機が世界的にも有名です。

ドリル、エンドミルを大量に使用する自動車業界

世界的シェアも非常に高い自動車メーカーがあることは言うまでもありません。愛知県豊田市は、元々、挙母(ころも)市という地名でしたが、その企業名を取り豊田市に改名されました。

豊田市周辺では、自動車部品を製造するため、エンドミル、ドリルを使用する金属加工業がたくさんあります。自動車部品は、品質は当然の所、効率的な生産とコストダウンが非常に重要な産業でもありますので、他の工業地帯と比べても、切削工具を使用する企業の割合や消費する切削工具の量が非常に高いと言えます。

精密な切削工具が必須!航空機業界

こちらはあまり知られていませんが、愛知県は自動車産業だけではなく、国内最大の航空産業の集積地となっています。愛知県界隈で日本の航空機とその関連製品生産額の50%、航空機機体関連部品だけで考えると約70%の生産シェアを誇ります。

航空機やその部品を生産するにあたって、もちろん金属加工とりわけ航空機にたくさん使用されるアルミ関連の金属加工業も多く集積しており、ドリルやエンドミルはアルミ加工専用の切削工具を使用し、また、アルミ専用の再研磨・コーティングを行っています。

航空機の産業の一種ともいえる、宇宙関連工業も盛んです。日本国立の研究開発法人であるJAXA(宇宙航空研究開発機構)の研究拠点があり、名古屋大学では機械・航空工学科が存在するなど、地域全体に航空宇宙を研究開発する地盤が整っています。宇宙開発やロケットなどの部品は公差も厳しく、また再現性が非常に重要です。

ひとつひとつの加工が完璧に何度も再現できなければ購買先としても認められません。ツールリメイクが再研磨・製造するドリルやエンドミルなどの切削工具はそのような高品質な加工を行う企業での実績もあります。

愛知県の切削工具再研磨集配

愛知県では、名古屋市を中心に現在4つの切削工具再研磨品の集配ルートがあり、数多くのお客様からドリル、エンドミルなどの切削工具をお預かり再研磨、納品させて頂いております。2週間に一度の集配で切削工具のコーティングまでお客様のご希望どおりに対応させて頂いております。お電話または、お問い合わせフォームよりご連絡頂ければ、すぐにヒアリングさせて頂きます。

ツールリメイクでは、切削工具再研磨集配スタッフがお客様の元へお伺い致してります。

切削工具の再研磨や製造でお困りのお客様は、ツールリメイクまでお問い合わせ下さい。

 

 

再研磨の流れ


  • 集配・通い箱

    ツールリメイクの集配

    集配ルート内であれば2週間に一度お客様の工場へ定期訪問させて頂き、そこで使用された切削工具をお預かり致します。
    弊社が独自開発した再研磨オーダーシートにより、お客様のご希望の研磨カ所や加工内容をヒアリングさせて頂きます。オーダーシートへの記載や切削工具の梱包などは全て弊社が行いますので、お客様は再研磨予定の切削工具をご用意頂くだけで、その他の手間が一切かかりません。集配ルート外の場合も専用の通い箱でとても簡単に梱包できるようになっております。


  • 受入検査

    お預かりした工具は工場にて受入検査を行います。工具の状態、お客様のご注文内容、過去の再研磨履歴など1本1本丁寧にチェックしこのタイミングで問題や確認事項がございましたら、お客様にご連絡を差し上げます。

    再研磨受入検査


  • 錆・汚れ落とし

    再研磨工具の錆・汚れ落とし

    受入検査が終わると再研磨に移る前に、工具の錆や汚れ落としを行います。長い間眠っていてさび付いた工具もここでキレイに落とします。再研磨後お客様に工具を納品させて頂く時に、「新品みたい」というお言葉を頂くことが多くありますが、それは刃だけでなく工具を使用するお客様の事を紳士に考え、丁寧に加工をしているからです。


  • 再研磨

    工具やお客様のご要望により、再研磨工程は全く異なります。お客様にとって最適な工具を作り出すため、1本1本の工具にあったそれぞれの研磨が行われます。各工程毎に検査設備を設けており、職人が満足した確かなものを次の工程に渡していきます。

    再研磨工程


  • コーティング

    コーティング工程

    ドリル・エンドミルだけでなく全ての工具にコーティングが可能です。例えば、ハイスにはTiNコーティング、超硬にはTiAlNコーティングなど工具材質とコーティングの相性に加え、被削材にあった最適なコーティングを行うことができます。コーティングの種類の取り揃えも豊富ですので、どんなご要望にもお応え致します。


  • 検査

    工程毎の検査でしっかりと確認を行っておりますが、最後の確認を行います。エンドミルなどは研磨後の径の計測結果をしっかりと工具シャンク部に刻印させて頂くため、いざ再研磨品をご利用になる際もすぐに使用することができます。

    再研磨工程検査


  • 洗浄

    再研磨をした工具の洗浄

    検査確認後、最後の洗浄を行います。全ての汚れを綺麗に取り去り、長期間保管できるように防錆油を塗布させて頂きます。


  • 保護

    ツールリメイクでは、お客様へ工具を納品した後のこともしっかりとお客様のコトを考えております。洗浄後は、シールピールと呼ばれる樹脂で刃先を保護致します。お客様にお渡しする際、保管される際などに、お客様の手や工具に傷が付かないようにするための保護膜です。再研磨品をご利用になる際は手で簡単に剥がせるようになっております。

    切削工具保護


  • 発送・納品

    納品

    再研磨が終わった工具は2週間の定期集配または発送で納品させて頂きます。

© 2020 切削工具の再研磨・製作・レンタルはツールリメイク