エンドミルの再研磨

これまでお取引がないお客様(1企業1回まで)に限り、再研磨・再コーティングを2本まで無料で行っております。ご希望のお客様はお問い合わせよりご連絡下さい。

ツールリメイクのエンドミル再研磨の特徴

ツールリメイクのエンドミル再研磨はお客様の加工に適したエンドミル形状を実現します。

加工に最適な刃先角度

当社ではあらゆる加工に合わせた刃先角度を作りだすことができます。アルミ用、銅用、鋳鉄用、チタン用、ステンレス用などお客様の加工に最適な刃先角度を作ることで、新品より切れるエンドミルというお声も頂いております。

最適なエンドミル再研磨

加工を効率化する特殊形状

刃先角度だけでなく、エンドミルの形状も自由自在に改造・改修ができます。既製品として販売されているものはもちろんのこと、他社様でオーダーメイドで製作された特殊形状のエンドミルでも再研磨できます。一般的な形状のエンドミルを特殊形状に作り変えることもできますので、使い古したエンドミルを利用し、母材費用をかけずより経済的に、特殊なエンドミルを使用することができます。

特殊形状エンドミルの再研磨

エンドミル再研磨の流れ


  • 集配・通い箱

    再研磨集配

    集配ルート内であれば2週間に一度お客様の工場へ定期訪問させて頂き、そこで使用されたドリルをお預かり致します。弊社が独自開発した再研磨オーダーシートにより、お客様のご希望の加工内容やコーティングの有無をヒアリングさせて頂きます。オーダーシートへの記載やエンドミルの梱包などは全て弊社が行いますので、お客様は再研磨予定の切削工具をご用意頂くだけで、その他の手間が一切かかりません。集配ルート外の場合も専用の通い箱でとても簡単に梱包できるようになっております。


  • 受入検査

    お預かりしたエンドミルは工場にて受入検査を行います。エンドミルの状態、お客様のご注文内容、過去の再研磨履歴など1本1本丁寧にチェックしこのタイミングで問題や確認事項がございましたら、お客様にご連絡を差し上げます。

    再研磨受入検査


  • 錆・汚れ除去

    再研磨工具の錆・汚れ落とし

    受入検査が終わると再研磨に移る前に、工具の洗浄・錆落としを行います。長い間眠っていてさび付いたエンドミルもここでキレイに落とします。再研磨後お客様にエンドミルを納品させて頂く時に、「まるで新品みたい」というお言葉を頂くことが多くありますが、それは刃だけでなく工具を使用するお客様の事を紳士に考え、丁寧に加工をしているからです。


  • 切断

    カケや摩耗の大きなエンドミルは、必要に応じて切断を行います。エンドミルの総寿命を延ばすためには、この切断量もできる限り少なくしなければなりません。良い切れ味とエンドミル全体の寿命を考慮し、切断を行います。

    再研磨工具の切断


  • 溝研磨

    エンドミル溝の再研磨

    エンドミルの溝研磨は必要に応じて行います。底刃だけの摩耗や外周の摩耗が少なければ、溝研磨は行いませんが、外周摩耗やカケが多い場合や研磨を複数回行い、溝が小さくなってきたら溝研磨を行います。刃の裏側にあたるため、研磨の必要性が感じられないかもしれませんが、溝が小さくなると切粉の排出が悪くなり、刃の寿命が格段に下がってしまいます。溝の研磨が必要かどうかは熟練の目が必要ですので、ツールリメイクでは受入検査でしっかりと判断させて頂いております。しっかりと溝を研磨することで、エンドミルの切れ味と総寿命を延ばすことができます。


  • 底刃研磨

    エンドミルの底刃を研磨する際は、まずはギャッシュと呼ばれる切粉が逃げるための溝を作ってから底刃を作ります。ただ、刃をとがらせるだけでは金属切削できるだけの刃にはなりません。独自のノウハウにより微妙な傾きをつけて研磨することで、エンドミルの底刃の角度を変え、お客様の加工に合わせた底刃へと研磨します。

    エンドミル底刃の再研磨


  • 外周刃研磨

    エンドミルの外周刃再研磨

    エンドミルの外周刃研磨はとても、繊細な研磨です。外周刃とひとことで言っても、実は刃としてあたるエッジの部分と逃げと呼ばれるワークとの接触を回避する部分に分けて研磨をします。刃の角度だけでなく、逃げの角度ひとつで刃の切れ味や寿命が変化します。これらの角度もお客様や加工するワークの材質によって最適な角度があり、ご要望に応じて調整させて頂いております。職人が1本1本手で加工しているからこそできる、技術です。


  • 検査

    工程毎の検査でしっかりと確認を行っておりますが、最後の確認を行います。エンドミルの振れ、刃の角度など加工に大きく影響を与える箇所は入念に検査を行います。厳しい公差を設けており、その基準をクリアしたエンドミルだけが、次の工程に送られます。

    再研磨工程検査


  • コーティング

    コーティング工程

    エンドミルの材質に合ったにコーティングが可能です。例えば、ハイスにはTiNコーティング、超硬にはTiAlNコーティングなど工具材質とコーティングの相性に加え、被削材にあった最適なコーティングを行うことができます。コーティングの種類の取り揃えも豊富ですので、どんなご要望にもお応え致します。


  • 洗浄

    検査確認後、最後の洗浄を行います。全ての汚れを綺麗に取り去り、長期間保管できるように防錆油を塗布させて頂きます。

    再研磨をした工具の洗浄


  • 保護

    再研磨工具の保護

    ツールリメイクでは、お客様へエンドミルを納品した後のこともしっかりとお客様のコトを考えております。洗浄後は、シールピールと呼ばれる樹脂で刃先を保護致します。お客様にお渡しする際、保管される際などに、お客様の手や工具に傷が付かないようにするための保護膜です。再研磨品をご利用になる際は手で簡単に剥がせるようになっております。


  • 発送・納品

    再研磨が終わったエンドミルは2週間の定期集配または発送で納品させて頂きます。もちろん特急対応も行っておりますので、早急にエンドミルの再研磨が必要な場合は事前にご連絡お願い致します。

    納品

お問い合わせはこちら

0120-262-040

営業時間 平日 8:30~17:30

 

エンドミルの再研磨事例

エンドミル再研磨事例をもっと見る

 

© 2020 切削工具の再研磨・製作・レンタルはツールリメイク