メタルソー再研磨

これまでお取引がないお客様(1企業1回まで)に限り、再研磨・再コーティングを2本まで無料で行っております。ご希望のお客様はお問い合わせよりご連絡下さい。

ツールリメイクのメタルソー再研磨の特徴

ツールリメイクのメタルソー再研磨は使いやすさを実現します。

径揃え研磨

当社ではあらゆるメーカーのメタルソーを再研磨しております。お客様の使いやすさまで考え、ご要望に応じてお預かりさせて頂いたメタルソーの外径が全て揃うように研磨しております。また、刃が多きく落ちてしまっている場合でも新たに刃を目立てさせて頂いております。

メタルソー

メタルソー再研磨の流れ


  • 集配・通い箱

    再研磨集配

    集配ルート内であれば2週間に一度お客様の工場へ定期訪問させて頂き、そこで使用されたメタルソーをお預かり致します。弊社が独自開発した再研磨オーダーシートにより、お客様のご希望の加工内容やコーティングの有無をヒアリングさせて頂きます。オーダーシートへの記載やセンタードリルの梱包などは全て弊社が行いますので、お客様は再研磨予定の切削工具をご用意頂くだけで、その他の手間が一切かかりません。集配ルート外の場合も専用の通い箱でとても簡単に梱包できるようになっております。


  • 受入検査

    お預かりしたメタルソーは工場にて受入検査を行います。刃の状態、お客様のご注文内容、過去の再研磨履歴など1枚1枚丁寧にチェックしこのタイミングで問題や確認事項がございましたら、お客様にご連絡を差し上げます。

    再研磨受入検査


  • 錆・汚れ除去

    再研磨工具の錆・汚れ落とし

    受入検査が終わると再研磨に移る前に、工具の洗浄・錆落としを行います。長い間眠っていてさび付いたメタルソーもここでキレイに落とします。再研磨後お客様にメタルソーを納品させて頂く時に、「まるで新品みたい」というお言葉を頂くことが多くありますが、それは刃だけでなく工具を使用するお客様の事を紳士に考え、丁寧に加工をしているからです。


  • 再研磨

    万能工具研削盤を用いて、再研磨を行います。メタルソーは基本的にカップ型の砥石を使用し、外周刃を研磨していきます。刃の状況やお客様のご要望に応じて、メタルソーの刃を全て払ってから、再度目立て直す「完全山払い」をさせて頂くこともございます。

    メタルソーの再研磨工程


  • 検査

    再研磨工程検査

    工程毎の検査でしっかりと確認を行っておりますが、最後の確認を行います。メタルソーの振れ、径など加工に大きく影響を与える箇所は入念に検査を行います。厳しい公差を設けており、その基準をクリアしたメタルソーだけが、次の工程に送られます。


  • コーティング

    メタルソーの材質に合ったにコーティングが可能です。例えば、ハイスにはTiNコーティング、超硬にはTiAlNコーティングなど工具材質とコーティングの相性に加え、被削材にあった最適なコーティングを行うことができます。コーティングの種類の取り揃えも豊富ですので、どんなご要望にもお応え致します。

    コーティング工程


  • 洗浄

    再研磨工具の防錆

    検査確認後、最後の洗浄を行います。全ての汚れを綺麗に取り去り、長期間保管できるように防錆油を塗布させて頂きます。


  • 保護

    ツールリメイクでは、お客様へを納品した後のこともしっかりとお客様のコトを考えております。洗浄後は、シールピールと呼ばれる樹脂で刃先を保護致します。お客様にお渡しする際、保管される際などに、お客様の手や工具に傷が付かないようにするための保護膜です。再研磨品をご利用になる際は手で簡単に剥がせるようになっております。

    再研磨工具の保護


  • 発送・納品

    納品

    再研磨が終わったメタルソーは2週間の定期集配または発送で納品させて頂きます。もちろん特急対応も行っておりますので、早急に再研磨が必要な場合は事前にご連絡お願い致します。

お問い合わせはこちら

0120-262-040

営業時間 平日 8:30~17:30

 

メタルソーの再研磨事例

メタルソー再研磨事例をもっと見る

 

© 2020 切削工具の再研磨・製作・レンタルはツールリメイク