切削工具

【初心者向け】Tスロットカッターとは?

こんにちは、ドリル・エンドミルなど切削工具の再研磨をしているツールリメイクです。

 

Tスロットカッターは、機械加工でそこまでたくさん使用するわけではありませんが、

TスロやT溝などという言葉は聞いたことがあると思います。

 

今回はTスロットカッターやT溝について解説していきましょう。

ツールリメイクお問い合わせ

 

Tスロットとは?

TスロットとはTスロやT溝と呼ばれ、その名の通りTの字をした溝のことです。

 

フライスやマシニングセンタのテーブルに掘られた、逆向きになったT字の溝がTスロットです。

 

TスロットにはTスロナット

この掘られた溝はなんのためにあるのかというと、ワークを固定するためです。

 

TスロットにTスロット用のナットを入れ上からボルトで締め込むことで上と下から挟む力がかかりワークを固定することができるのです。

 

Tスロには規格がある

ボルトやナットに規格があるように、このT溝にも規格があります。

 

Tスロを削るための工具がTスロットカッター

そんなT溝ですが、加工するのは簡単ではありません。

ドリルやエンドミルを上から突っ込んでも逆T字にはなりません。

 

逆T字を削り出すには、T字の工具を横移動させるしかありません。

 

そこで登場するのがTスロットカッターです。

 

T溝は2段階加工

T溝を加工するにはTスロットカッターが必要ですが、Tスロットカッターだけでは加工できません。

一機にT字を削るには難しく、まずはエンドミルを横移動させてT字の縦を堀り、その溝に沿って、Tスロットカッターを横移動させT字の横をります。

 

Tスロットカッターの再研磨は3箇所

Tスロットカッターの再研磨箇所は上下外周の3箇所です。一番摩耗しやすいのは外周刃ですので最初のうちは外周刃だけの研磨で良いかもしれませんが、カケや摩耗状態によっては上面と下面の研磨も必要となります。

 

Tスロットカッターの再研磨はツールリメイクにおまかせ

ツールリメイクでは、再研磨を専門にしており、お持ちの工具にピッタリの再研磨方法をご提案することが可能です。

ですので、Tスロットカッターだけでなく様々な工具を再研磨可能ですので、刃物の切れ味で困っているのであれば、ぜひ一度ご相談くださいね。

 

ツールリメイクではTスロットカッターの再研磨はもちろんのこと、ドリルやエンドミルのレンタルサービスも行っております。

詳しくは、下記の「現場を変える、切削工具レンタルサービス。」をご覧ください。

ツールリメイクお問い合わせ

-切削工具
-,

© 2020 切削工具の再研磨・製作・レンタルはツールリメイク